アラフォー婚活~回想録ブログ~

いままで結婚を考えたことがなかった自分が35才をすぎて婚活を決意。結婚にいたるのか、一生独身なのか、結果がでるまでの回想録のブログです。









森クン18 ファイナル?(36歳記)

本気で言ってる?


”貯金がない”って、34歳にして百万くらいしかない、という謙遜の意味でないなのか、それとも全くないのか。。。
いや、海外旅行に行く費用はあるってことだよね。
旅行に使うお金はあるけど、結婚のためのお金はない。。。てことだよね。


。。。。。。。


森クンがたとえ正社員でなくても、そもそも、愛し合っているなら、別れなくても、一緒に結婚のために共にお金を貯めたり、将来にむけて一緒に頑張ろうと思う。。


でも、今の時点で森クンは、結婚にむけての具体的な考えが全くなくて、結婚のための貯金より、旅行にお金を使ってしまうなんて。。(今、資金を貯めてるとかじゃなくて)


それに「すぐに結婚はできない」、とはっきり言われたんだから、森クンも自分に対して、特別に想ってくれているわけじゃない。。本気じゃないということだろう。。


森クンに対して強い気持ちがあるわけでもないし。。
自分はきっと大丈夫!!


そう、この判断は間違っていなはず。。


あとで後悔はないはず。。。 


そう言い聞かせて、森クンを後にしました。。



ーーーでも、ほんの数ヶ月でも、真剣に結婚相手として前向きに考えていた人と別れて、、、


やはり夜になると自然とこぼれました。。。


またまた、眠れない夜。








森クン17 終了。。?(36歳記)

森クンが、夏の予定についてもう一度話したいと連絡をとってきたので、意を決して会って話をすることにしました。


旅行以前の問題で、将来について話をしなければ、何もはじまらない。


わたし「あの、森クンは、将来どう考えているんですか?いつごろ結婚するとか、どういう家庭を持ちたいとか。。」


森クン「結婚、、は、いつかはしたいけど、今すぐしたいわけでもない。。。」


わたし「。。でも、婚活のサイトで、婚活をしてたんですよね。それで知り合ったわけだし」


森クン「そうなんだけど。。でもまず、しばらく付き合ってみないとわからないし。。」 


それは、その通りだと思いましたが、しばらくってどのくらい?? 言った感じでは、数年かかりそうだよね。。


こちらはもう数ヶ月で37歳になってしまうというのに。。。男性の34歳はやっぱり気持ちも違うものなのか。。


わたし「しばらくは結婚より、自由に遊びたい、と思ってるんじゃないですか」


森クン「。。。。」否定しませんでした。


わたし「自分の年齢的に、今、真剣に結婚を考えてる人としかお付き合いできないんですけど。。」


森クン「●●さんと別れたくはないんだけど。。。」しばらく考えて、

「でも。。すぐに結婚は、、できない。それに貯金もないし。」


貯金がない


つまり、結婚について真剣に考えていない、この時点で?? この歳で?


ありえない、ありえない、


と頭の中でこだましていました。

料理合コンへ(36歳記)

おしゃれなキッチンスタジオでの料理合コンに参加しました。30代限定。


男性4人、女性4人で一つのグループでキッチンを囲みました。2グループあったので16人参加です。男性はみんな30代後半でした。女性は半分くらいは30代前半。綺麗な人が多かったように思いました。


自分のグループには、ものすごく恰幅のいい男性と、とてもシャイで無口な男性、インテリ系の男性、髪の毛が薄くて少し年配に見える男性がいました。あまり興味を持てる人がいなかったのですが、もう一つのグループに、第一印象で、いい感じの男性が一人いました。


グループの4人で役割分担をし、魚介類のパスタを作りました。パスタを作りながら、なぜかエンジニアのYくんを思い出していました。(やっぱり、Yくんのような感じの人は婚活にはいないよね。。年齢も違うし、当たり前!)


とてもシンプルで誰でも作れるレシピなので、真剣にきく必要もなく、手早く作業を行っていました。


恰幅のいい男性が近寄ってきて「手際がいいですね、お料理好きなんですか?」と話かけてきました。
わたし「いや、忙しいので最近自炊しないんですけど、料理は好きですね。」そう言うと、
「もったいないですね~お上手なのに。料理を作ってあげる彼氏とかいないんですか?」と、からかうように、言ってきました。


。。。婚活(合コン)できているのに、は~??、と面倒になり、適当に答えました。


なんだか、イライラしていました。。。。 更年期のはじまり??
あんな態度をとるなんて、若いころはなかった。。。ように、思う。


身体の衰えだけじゃなくて中身も醜くなっている気がして、自分に嫌悪感を感じました。


料理中は同じグループの人としか話す機会があまりなく、残念でした。料理が出来あがり、みんなで試食しながら、いい感じの男性とも話すことができました。


が、結局不発に終わりました。 


いい感じの男性は、かわいらしい、30代前半の女性と名刺交換をし、自分は恰幅のいい男性と、年配(に見える)男性から名刺をもらいましたが、興味はなく、本当に料理を楽しむ会となり終了しました。


チ~ン。