アラフォー婚活~回想録ブログ~

いままで結婚を考えたことがなかった自分が35才をすぎて婚活を決意。結婚にいたるのか、一生独身なのか、結果がでるまでの回想録のブログです。

孤独 ~不毛な日々~(37歳記)

久しぶりに実家の両親からスカイプで連絡がありました。


休職のことは一切黙っていましたが、さすがに画面を通して、両親の顔をみながら嘘はつけず、ついに自宅療養中だということを伝えた。


そんなことなら、実家でゆっくりしなさい、とありがたいことを言われたが、田舎に戻ったところで、不便で、周りの目も気になるので、都内に一人でいる方が気が楽だ、と断った。


更にありがたいことは、「結婚はしないのか、付き合っている人はいないのか」、など世間一般でよく言われるような質問を一切されなかったことだ。


しかし、両親は心配しているということを遠まわしに、姉から以前きいたことがあったので、きっと気を使われているんだろう、と申し訳ない気持ちになった。


一ヶ月も休んで、仕事は戻れるの? 身体は大丈夫なの?


そういったことをきかれた。


大丈夫よ、と言いながらも、本当はかなり不安で、この先、何の保証もないことは、自分が一番わかっている。


職場の人には、体調不良はもちろん知られているが、
同級生や、友達、誰にも休職について話していない。心療内科にお世話になっていることも。
男友だちのKにも、心配してアパートにきてもらっては困るので、言えなかった。


結局のところ、本当に困った時に、誰かに話すことや、相談することって実はなかなか出来ない。(婚活の悩みは相談できたのに。。)


孤独なんだな~、自分は。 


みんな、そんなものなのかな。。


Yくんも、一度遊びに来てくれたけど、それ以来、パタりと連絡がない。


彼もきっと忙しいんだろうな、そう思っていました。


そんな日々をすごし、あと1週間で仕事復帰、という時、同僚からメッセージがきました。


それは、思いもよらぬ内容でした。



※コメントくださる方々、ありがとうございます。公開はしませんが、全部読ませてもらっています。

トーマスからの電話 ~不毛な日々~(37歳記)

後日、トーマスから電話がかかってきました。


マイケルのパーティの時からすでに数ヶ月はたっていたので、話すとき、少し緊張しましたが、すぐに彼のことを思い出し、リラックスできました。マイケルのパーティの帰りの電車で一緒になり、落ち着いた人だなという印象だけが残っていました。


トーマス「日本語教師についてなんだけど、条件があるから、●●さんは無理なんですね、残念。実は、それとは別に今度、日本人ネイティブと話そう、というイベントをスウェーデンのストックホルムでするので、それに参加しない?僕もちょうど一時帰国しているし。」


わたし「。。でも、スウェーデン語、全く話せないけど。。」
トーマス「大丈夫、英語が話せれば大丈夫」


でも、イベントがあるのは、来月。仕事に復帰しているだろうし、しかもスウェーデンまで自費でいかないといけないし。。。


面白そうだけど、どう考えても無理だよね。と自分に言い聞かせました。


わたし「ありがとう、でも仕事もあるし、無理そう。またの機会に!」そう言って会話は終了しました。


そうか、スウェーデンね、行ったことないど、イメージは、冬は死ぬほど寒そう。自分には無理かな。。。


そう思いながらもネットでスウェーデンについて検索していました。


歴史的な建造物や、綺麗な景色ばかり!! 街並みがカラフルでとっても素敵!おとぎの国みたい。。
一度は旅行で行ってみたいかも。。


旅行のことを想像するとなんだか少し、ワクワクしました。


そうか、旅行ね。元気になったら旅行に行きたい。


楽しいことを考えて、気分を上げるも、ちょっと何かをすると、身体がだるく、すぐに疲れてしまう。そのたびに、自信を失う。


処方されたリラックスするための薬を飲んで、横になりました。


どんどん薬を飲む感覚が短くなってきている。


確実に身体に耐性がついてきてしまっているのを感じる。。


いつか、この薬を辞めることができるのだろうか。。。


この薬を飲むのと、Yくんの吸っていた葉っぱと何が違うというのか、、、


違いといえば、違法違法でないか。。


でも、どちらかといえば、葉っぱの方が超オーガニックなのに。。。(苦笑)



※コメントくださる方々、ありがとうございます。公開はしませんが、全部読ませてもらっています。

休職ライフ② ~不毛な日々~(37歳記)

誰とも会うことをしばらく避け、会社の人以外は、休職中のことを秘密にしていました。実家の両親にも心配をかけたくないので、話していませんでした。Yくんが心配して一度だけ顔をみせに来てくれ、一緒にお茶をしました。


もうすっかりアレを辞めたというYくん、昔のYくんと変わらず二人の関係も元に戻ったように感じました。


2週間、ゆっくりと休み、身体は少し回復してきたように感じました。


しかし、時間がたっぷりあるとネガティブな思考回路が自分を取り巻き、精神的によくないことに気づきました。何かをやっていないと絶望的な気持ちになる。


そして、ぼーっとするのも2週間をすぎると飽きてきてしまった。やっぱり仕事に戻った方が自分にはいいのか?


果たして戻れる場所はあるのか?


そんな時、ふと開いたフェイスブックの掲示板に、スウェーデンで日本語教師募集という文字を見つけた。


差出人は、マイケルの友達でパーティに来ていたスウェーデン人のトーマスだ。


彼の地元の日本語学校で募集をしているので、日本に住んでいるトーマスはその情報をシェアしてリクルートのお手伝いをしているみたいでした。


へえ、海外で、こんな仕事も面白そう、とふと思い、興味のある人は連絡を、とあったので、興味本位でトーマスにメッセージを送ってみました。


すると、応募条件が送られてきました。


講師はフルタイムで、スウェーデンにこの先住める予定の人。
日本語教師の資格を持っている人。(試験に合格している人)


の二つであり、自分にはどう考えても無理だということがわかりました。


「残念だけど無理だね、興味はあるけどね」、とトーマスにメールをすると、後日、電話がかかってきました。


※コメントくださる方々、ありがとうございます。公開はしませんが、全部読ませてもらっています。