アラフォー婚活~回想録ブログ~

いままで結婚を考えたことがなかった自分が35才をすぎて婚活を決意。結婚にいたるのか、一生独身なのか、結果がでるまでの回想録のブログです。

マイケル④ ついにマンションへ (36歳記)


最上階の部屋ってドラマでしか見たことなかったけど、本当にすごい。。。広々としたリビングの窓の側でビルの影に日が落ちていくのを見入ってしまいました。


マイケル「ちょっとこれを見て、やってみたんだよ」


お習字セット。それを使って見よう見まねで半紙に文字を書いたらしく、何枚か見せてくれました。なぜか、「木」とか「山」とか漢字一文字。決して上手ではないけれど、一生懸命さが見えて、微笑ましくなりました。


ひらがなの方が漢字よりもカーブがあるので、難しいと言っていました。


なるほど。。。 筆の持ち方や、角度、書き順、漢字などを少し教えると、とても嬉しそうでした。マイケルと手が少し触れあうのも、なんだか嬉しい気分でした。


マイケル「ありがとう。これで少しずつ練習すれば上達しそうだよ」と言って、
「そうだ、僕の名前も漢字で書いてみて!」とリクエストしました。


私「OK、どの漢字がいいかなぁ」適当に書き上げると、
マイケル「本当に綺麗な字を書くんだね。すごいよ!ありがとう」そういって肩をぎゅっと抱きました。


ーーとても自然で、、慣れている感じ。やはり日本人とは少し違うノリだと思いました。。


お習字を楽しんだ後、バルコニーのソファに座り、夜景を眺めながら、シャンパンで乾杯しました。
そしていい雰囲気の中、自然の流れでマイケルは、軽くキスをしました。
しばらくして肌寒くなってきたので、二人でリビングに戻ると、マイケルは料理をし始めました。
オープンキッチンなので、会話をしながら彼が手慣れた様子でパスタを作るのを、幸せな気分で眺めていました。


幸せーーってこんな感じだったと思う。


しばらく婚活に集中していたので、そういう感覚があまりなかったけど、久しぶりに単純にドキドキするし、なんだかワクワク。Yくんの時以来。。


これは? そんなことを考えていると、パスタが出来上がりました。






マイケル③ ドキドキデート (36歳記)

お見合いは少し保留にして、しばらく結婚相談所は行きませんでした。


ある週末の土曜日、マイケルと渋谷でショッピング、というカジュアルなデートをしました。


そしてランチをし、夕方になるとマイケルが、


「僕のマンションによっていく?」と軽く言いました。


彼の住んでいるところはみてみたいけど、行ったらどうなるのか、、


まだ付き合っているわけじゃないし。。。。う〜ん。


少し躊躇しましたが、結局行ってしまいました。


白金高輪駅から徒歩圏内にある高層マンションの最上階でした。


エレベーターで上がっていく間に、かなり気持ちが高ぶりました。


こんな高級マンションに住んでいる人が周りにいなかったので、興味津々でした。


部屋に入ると、広々としたリビングから東京タワーが一望できました。バルコニーには白いソファやオシャレなテーブル。ドラマで見るような素敵なお部屋。


わたし「すごいですね、こんな素敵なところに住んでいるなんて」


マイケル 「でも、借りてるだけだから自分のマンションじゃないし」


もちろん、賃貸だとは思ったけど、


それにしても、大使館ってそんなにお給料がもらえるのだろうか?


正直、疑問がありました。


彼、というか彼のご両親は、もしかしてお金持ちなのかな? 


シンガポールって世界のお金持ちが集まっているみたいだし。。


自分との格差を感じました。。













お見合い後 (36歳記)

お見合いでは、最後まで大人しく、真面目な自分、その部分しか出せませんでした。。


偽りの自分に好意を持った堀田さん。


その後、お見合いの様子を華さんにきかれました。


わたし「謙遜ではなくて、本当に自分には勿体なさすぎる人なので、お断りしたいんですけど、、」


と伝えると、華さんには、


「お相手はすごく気に入ってくださっているのだし、考え直してもう一度会ってみなさいよ」とかなりプレッシャーをかけられました。


かなり、面倒なことになった。正直、プレッシャーがすごい。


でも、


この先、堀田さんとお付き合いすることはまずないだろうし、
真面目にお相手を探されている堀田さんにも迷惑がかかりそうなので、


結局、丁重にお断りしました。


華さんには「あんな素敵な人、なかなかいないわよ。」


「もういい歳なのだから、あれもいや、これもいやでは、誰とも結婚できませんよ」的なことを言われ、


確かにそうだよな、自分でもわかってるけど。。。


結局、やっぱり自分に婚活は向いていないのかも、


正直、あの空気では息がつまりそうだった。。


自分自身でいられない結婚生活なんて全く想像がつかない。