アラフォー婚活~回想録ブログ~

いままで結婚を考えたことがなかった自分が35才をすぎて婚活を決意。結婚にいたるのか、一生独身なのか、結果がでるまでの回想録のブログです。

婚活パーティ 30 vs 30 (36歳記)

マイケルに少し好意をもちつつも、近いうちに結婚を実現するには、非現実的。もっと現実的な相手も同時に探し続けようと思い、婚活パーティに参加しました。


プロフィールに36歳と書けるうちになるべく出会っておかないと、という焦りがすごくありました。(もうすぐ37歳になってしまうので!)
結婚相談所は、ただ加入しているだけで、あまり意味がありませんでしたが、とりあえず入っているという安心感から、自分の精神安定剤の役割をはたしていました。


お台場のホテルで、30対30という企画のパーティに参加。男性と女性が30人ずつで、これも男性が数分おきに席が回転式に代わるというもの。


30人もいたら、誰か一人くらい自分と合いそうな人がいるだろう、という安易な考えでしたが、30人もいたため、集中力が途切れ、誰がどういう人か全く記憶に残らず、逆効果でした。


結局、誰にも興味を持てず、ただ本当に疲れました。そしてほとんどの男性の自分に対しての態度も、興味がなさそう、と感じました。(20代でパーティに参加した時とは明らかに違う。。。)


フリートークでは、全く興味のない男性たちが数人きてくれましたが、もちろん誰ともカップルになりませんでした。


カップルの発表を見て思ったのが、若い人同士のカップルばかり。


自分と釣り合いそうな30代後半の男性はきっと若い女性を選び、若い女性は若い男性を選ぶので、30代後半の男性、女性は誰もカップルになっていませんでした。


結局そんなもんか、
そんなもん、、だ。


今の自分は、20代の自分よりも、人生経験をつんで、人間として、女性として成長しているし、自立して(自分なりには)輝いていると思う。
20代の頃はまだよくわからない事が多くて、誰かに頼りながら、挑戦、失敗を繰り返していた。
そのころの未熟で、時々失敗をした自分の方が、男性にはよほど魅力的なんだ。。。。


そう思うと、、これからどんなに頑張っても、、、


努力だけではどうしようもない。


焦燥感絶望感が半端じゃなかった。。










シンガポール人、マイケル②(36歳記)

シンガポール人のマイケルから、空手の練習をしている●●道場に遊びにきて、という連絡があり、興味本位で土曜日に見学にいくことにしました。


道場をのぞくと、20名ほどで、9割が男性。外国人も3割ほどいました。
マイケルに紹介され、何人かと軽く挨拶をし、道場のすみで見学することにしました。


マイケルは真剣に空手に打ち込んでいて、練習中はかなり集中していました。まだ、日本に来て2年で、初心者なので上手くない、と言っていましたが、空手の知識がない自分には、とても素敵に見えました。
仲間の人達とは、かなり溶け込んでいて、国籍関係なく仲が良さそうでした。


練習が終わると、仲間のうち9人でご飯を食べにいくことになり、自分も誘われました。


近くのイタリアンに行きました。外国人もマイケルをいれて4人いました。


マイケルの彼女なのか、どこで知り合ったのか、などきかれましたが、六本木のスピードデートでというのはかなり恥ずかしくて、「知り合いの紹介で、お友達です」とだけ言いました。


皆さんとても気さくで、わきあいあいと話をし、楽しい食事会となりました。



ーーーその夜、考えてしまいました。


マイケルにかなり好印象を持った。。。


仕事はちゃんとしているし、コミュニケーションもとれる、友達もたくさんいるし、頭もいい(日本語も流暢だし)。さわやかで健康そうだし、健全な趣味。。。


もし、マイケルが付き合ってといってきたら、断る理由が全くない。31歳でかなり若いけど。。


そう思いはじめていました。


でも、結婚を考えているかどうかは、別問題。


もしかしたら、ただの恋人を探している可能性もある。(というか、そっちだと思う)


同時進行でいろんな人とデートしているかもだし、(普通にモテそうだし)


それに、いつ帰国するかわからない。


帰国までの期間限定になるかもしれない。(そんなの、よくある話だし)


その時がきたら、ポイと捨てられて。。。(想像するとゾッとする)


でも、それを今の時点で確認しようがない。(まだ付き合ってもいないし)


。。。やはり、現実として婚活の相手だけに絞った方がいい??


時間を無駄にできない。


もう、後がない36歳。もし自分が20代なら思い切って突っ走ることができるのに。。。









Yくんの涙。。(36歳記)

彼氏ができたら、すぐにYくんと縁を切るわけではないけど、きっと近い将来、いつかさよならしないといけない、と思う。


だって結婚したら、旦那さんがいるのに、Yくんと会うわけにもいかないでしょう。彼はゲイだから、と話したとしても、旦那さんはきっといい気はしないと思う。


よほど理解がある旦那さんならわからないけど。やはり女同士の友達とは違う。


今だって、Yくんと付き合っていると周りには勘違いされているし。。。彼氏ができたら、二股と思われる可能性もある。


結婚したら、不倫と周りに勘違いされるかもしれないし。。。


Yくんは見た目も、ファッションも、声も男性そのものだから。。。(おネェ系とかじゃなくて)


(それに、Yくんは、自分にとって魅力的な男性だから、一生、片思いの付き合いになってしまうし。。。)


そんな話をしていると、Yくんの目から涙が。。。。。!!


そして、急に抱きしめられました。。。


Yくん「お別れなんて嫌だ、辛すぎる。。。」


そう言った後、


「でも僕は男として、●●さんを幸せにしてあげることが出来ないから、だから●●さんが素敵な男性と上手くいくよう応援しようと思うけど。。」


しばらくして、
「こんな風に生まれてきたことを、本当に悔しく思う。でも、でも受け入れないといけないんだ、この自分を、、現実を。」


現実か。。。(男性として女性を愛せないという現実?)


いろいろと複雑なんだな。。。


Yくんは、はるか昔まだ少年の頃、普通の男子に片思いをしてしまい、純粋だった彼は告白をして、かなり傷ついたという、辛い過去を自分に打ち明けた。だからなるべくストレートの男性を好きにならないようにコントロールしている、とも。



わたし「大丈夫、きっと将来いい人(男性?)が現れるよ。ドイツにもまた行くわけだしさ」、とYくんに悟すように話しかけていました。


そうだよ、またドイツに行くんじゃない、どっちみち。



自分は振られた方なのに、振った感じになっている。。


なんとも不思議な、忘れられない体験。