アラフォー婚活~回想録ブログ~

いままで結婚を考えたことがなかった自分が35才をすぎて婚活を決意。結婚にいたるのか、一生独身なのか、結果がでるまでの回想録のブログです。

Dear トーマス③ すべてを告白 (37歳記)

トーマスは驚いた表情をしていました。


しかし、後戻りすることもなく、一気に話しました。


わたし「もう、格好つけるのも、意味がないことだし、自分に正直になろうと思ってる。」


トーマス「どういう意味?」


わたし「正直に言うと、ずっと結婚できる人を探してたんだ、もういい年齢だし。でも彼にとって、自分はふさわしい人ではなかった。。自分はまだ心療内科に通っていて、正直、時々発作もおきるし、将来も不安。子供もできるかわからないし。そんな状態で、彼には申し訳ない。それに彼もそんな自分とは一緒になりたくないんだと思う。だから結婚はもうないよ。すべて終わったんだ。。。」


トーマスはずっと考えている様子でした。


そして 「自分のせいで相手や、相手の家族に迷惑をかけたくないんだ」


というと、トーマスは


「。。。それは違うよ。愛している人のために何かしてあげらるのは、幸せなんだよ。迷惑ではないよ。」


そして、はっきりと言いました。


「僕は守ってあげたいと思うよ」と。


涙が溢れ出してきて、恥ずかしくて でももう、とめられない。


わたし「。。。トーマスは、若くてまだわからないことがあるんだよ。私はもう、結婚とかそういう夢はみるのをやめたんだ」


トーマス「なんで?どうして?お互いに一緒にいたい気持ちがあるなら、一緒にいればいいのに」


わたし「その男性と一緒にいたいという気持ちは、ないんだ。だから結婚はどっちにしても無理だよ」


はっきり、言い切りました。


トーマス「僕は○○さんと一緒にいたいよ」



更新 Dear トーマス② (37歳記)

※記事が途切れていたようで、追加いたしました。すみません




どうしよう。。。


トーマスとはダメになったけど、やっぱり好きという気持ちだけ伝えておこうか。。。


この場におよんで? 


そんなバカなことが頭にうかぶ。


そんなことを考えていると


トーマス「もう会えないと思ってたから、すごくうれしいよ」


と笑顔で言いました。


カモメが飛び交って、ものすごいスピードで頭上を飛んでいく。



そして


「いつ、結婚するの?」


トーマスに不意にきかれて、何もこたえることが出来ず、そのまま黙ってしまいました。


トーマス「あ、ごめん、余計なことをきいて」


「。。。。」


もう婚活はしない、そう決意したのは、ついさっきのこと。


涙がこぼれそうだけど、必死にこらえながら、一気に言った。


わたし「もう、結婚はあきらめたんだ、ダメになった。何もかもなくなったよ」


Dearトーマス (37歳記)

ゴール地点近に戻ると、すでに親睦会(?)が始まっていました。


ウォーキングの参加者がぞろぞろと民家の建物に入っていき、食事がふるまわれていました。
友人の元に戻り、静かにみんなの輪の中に入りました。
海の幸や、ビールなど。豪勢な食事が用意されているのにも関わらず、何も食べる気がしませんでした。


しばらくして、外に出てみました。海岸ぞいを歩いて行きました。


トーマスが走っているのが遠くに見えました。


本当に走ってる。。。


あれだけ歩いたあとに、よく走れるな。すごい体力、、そう感心していると、


こちらに向かって走ってくるのが見えました。


徐々に近づいてくる。。


どうしよう。


また逃げる?


でもそもそも何で外にでてしまったのか。。


なんで。。。


トーマス


なぜか、名前を呼んでいました。


気が付いて、こちらにやってきました。


トーマス 「!!どうしたの??」


息が切れそうになりながら、「。。。ごはんは?」


驚いた様子でこちらを見ました。


トーマス「会いに。。来てくれたの?」


わたし「いや、そういうわけじゃなくて」


「久しぶりだね、と思って。」