アラフォー婚活~回想録ブログ~

いままで結婚を考えたことがなかった自分が35才をすぎて婚活を決意。結婚にいたるのか、一生独身なのか、結果がでるまでの回想録のブログです。

Yくんからの誘惑(37歳記)

Yくんは、明らかに大麻だと思わせるものを、手慣れた様子で紙に包んで、吸いだしました。
わたし「タバコは嫌いって言ってなかった?」
あえてタバコという言葉を使ってみました。
Y「タバコは大嫌いだよ、においがひどいし、中毒性もあるし、身体に害もある。これは大丈夫。」
そういって、大きく吸っていました。


どう反応していいのか躊躇していると、


Y「●●さんも、吸ってみて、大丈夫だよ。ただ楽しくなるだけ」と笑顔ですすめる。
本当に気持ちがよさそう。しかし、受け入れるわけにはいかず


わたし「いや、私は大丈夫。どこで手に入れたの?」
Y「渋谷。都内なんてどこでもすぐ手に入るよ」


話をきくと、ドイツにいたころに覚えたらしい。。ドイツでも医療用以外は違法だけど、日常にありふれていて、周りはみんな常用していたと。


しかし、日本となると話は変わってくる。もちろん違法だし、いくら仲の良い友人といえども、自分は何も言わなくていいのだろうか。。。


Yくんは気持ちよさそうに、笑顔で吸っている、そして少し笑い上戸になり、いつもの敬語口調から、友達口調になっていた。


Yくんは、仕事も人付き合いや生活態度もすべて真面目で、変わっていることと言えば女性に興味がないということだけ。そして友達としても、思いやりがあり、とてもいい人だ。


人はわからないものだ。。というか目の前の行為が違法とはいえ、そんなに悪いことなのか、という疑問さえわいてくる。ただYくんは、部屋でリラックスして楽しみたいだけ。


しかし、もし捕まれば、仕事も失い、罰もうけることになる、犯罪だから当然だろう。


自分はどうしたらいいのか、全くわからなかった。



(注:このお話は過去のもので、すでに解決しています。)


Yくんからの驚くべき。。。(37歳)

いつものように残業をしていると、Yくんが自分の席に近づいてきて、ケーキを見て「え、●●さん、今日誕生日なの、言ってくれればよかったのに!今日お祝いしましょうよ」と言いました。


わたし「ちょっと、今仕事中だし、周りの人が勘違いするから(すでにされているけど)静かに!」


そう囁くように言うと、LINEで「仕事が終わり次第、僕の寮に来て!待ってるね。」とメッセージがありました。


お祝いが嬉しいというよりも、誰かそばにいてくれるのはありがたいという思いで、結局Yくんの寮へ行きました。


会社の寮なので、まるで悪いことをしているかのようなドキドキ感を味わいながら、こっそり部屋に入りました。


相変わらず綺麗に片付いた部屋。そしてYくんは、ディナーを作ってくれていました。そして小さなデザートケーキも!


部屋中に不思議な香りがしました。


シャンパンで乾杯し、お祝いしました。


そして、Yくんに「マイケルには、彼女が出来たみたい」と話しました。


Y「え、そんなすぐに?」と驚いて、そして少し考えて「でも、もっといい人がきっといますよ。」とフォローしてくれました。


もっと、いい人、ね。~正直、それは難しいと思うけど。。。そんな風に考えていると、


Y「マイケルって思っているほどいい男じゃないですよ。きっとその彼女ともすぐ別れるタイプですよ。誠実ではなさそうだし。そんな人と付き合わなくてよかった。」


Yくんは、自分の言ったことに自信を持っているようでした。その言葉に癒されました。


とにかく、ありがとう。Yくんには感謝しかないな。そう思っていると、Yくんがあるものを引き出しから取り出しました。。


Y「嫌なことは忘れて、これで一緒に楽しみましょう。」


それは、緑色の乾燥した植物の葉っぱで、強烈な匂いがするものでした。




(注:このお話は過去のもので、すでに解決しています。)

ついに誕生日。。40歳までカウントダウン (37歳記)

プロモーションを断るも、結局は誰かがリーダーにならなければならず。。。


何日かミーティングを重ね、妥協案で落ち着きました。リーダーという名の役職なし。なので今まで通りの給料で残業代はでるけど、何かあった時の決定や責任は自分が受け持つという、結局、責任だけ押し付けられたことに。。。

名誉の昇格よりは、手取りの給料を選んだ自分。。。。


そして、ついに37歳の誕生日を迎えました。
仕事のメンバーがケーキを秘密で注文してくれていて、みんなでお祝いをしました。本当にありがたい事だ。


フェイスブックではたくさんの(義理の?)誕生日のお祝いメッセージが。


マイケルからもメッセージがあったので、久しぶりに彼のページを開くと、プロフィールの写真が日本人女性とのツーショットに変わっていました。


、、そして、”交際中”の文字。


ーーやっぱりね。


しかも、その日本人女性は六本木のスピードデートで見たことのある女性でした。(パーティで会ったモデル風女性ではなかった)


なるほどね。。。 とりあえずは、本当に彼女を探していたんだ。。


マイケルについては、ほぼ諦めていたので、それほどショックはありませんでした。むしろ、すぐに彼女が出来そうだと思っていたので、やっぱりという気持ちでした。


でも、あのマンションでのキスは何だったんだ、自分は遊ばれた? キスくらいはみんなとしてた?? 挨拶なのか?


それにしても、スピードデートで出会った女性ということは、自分と会いながら、彼女とも並行して会ってたのということだよね。 まあ、自分もそうだけど。。


自分は早々に諦めたけど、もっと頑張ってたらチャンスはあったのかな。。


いやいや、きっとそれはない。。。 選ばれなかっただけ。。


自分の敗北を認めて受け入れよう。


それに自分は結婚が目的だったのだから、これでよかったんだろう。


そうそう、身の丈にあった人を探そう。。。


そう誓ったのでした。


Happy Birthday to me..