アラフォー婚活~回想録ブログ~

いままで結婚を考えたことがなかった自分が35才をすぎて婚活を決意。結婚にいたるのか、一生独身なのか、結果がでるまでの回想録のブログです。

歌舞伎町 ゲイnight ② (36歳記)

Yくんは、じっと私の目をみながらマイケルとの話をきいてくれました。そして、

ドイツ人男性と、ドイツで付き合ったことのある経験から、マイケルの行動は極めて普通(よくあること)だと言われました。

まず、外国人は、はっきり付き合ってという言葉を言ってから付き合うことはあまりなく、自然にそういう関係になって、ある程度たってからrelationshipという認識が生まれたり、girlfriend/boyfriendとして紹介されたりする、と。


それにホームパーティでゲストがそのまま泊まることも男女関係なくよくあること、と。


わたし「え、でもそれで体の関係になったりしないの?」ときくと、


Yくん「ない場合がほとんだと思うけど、ある場合もある。」と。


う〜ん。やはり自分には、難しい世界だ。全く自信ない。


と言うか、真面目だと思っていたYくんがそんな世界を知っているのも意外。でもよく考えてみたらドイツでの経験があるのだから、当然といえば当然。


Yくんが「でも●●さんて、何かと色々モテてますよね、いろんな男性に好かれてるじゃないですか、僕も大好きだし、マイケルのこと、自信持ってください」と言いました。


モテてる?婚活を35歳から初めてもうすぐ37歳になろうとしていて、誰とも上手くいっていないのに、モテてるなんてことは、一瞬たりとも思ったことがなかった。


わたし「でも変な人がよってきたり、既婚者だったりして、婚活も上手くいってないけど。。」


Yくん「え、●●さんて、結婚したいの??」(婚活のことは言ってなかったので驚いていました)
さらに、「まだ若いから急がなくても大丈夫ですよ」と驚きの言葉!


え、もうすぐ37歳だけど、と言うとYくんは、「えっ??知らなかった、、30歳くらいだと思ってた」と驚いた様子。


お互い絶句


確かに精神年齢は自分でも幼いと思うけど。。。。



かなり酔っ払った頃、(ゲイ)ママに「あなた婚活してるの〜、嫌だわ、それなら私と籍だけ入れてよ」と言われました。田舎にいる両親に安心させたいから、とにかく籍だけ誰かと入れようと思っているらしい。
ーーーいろんな親孝行があるんだな、と思いました。


Yくんとはバーに3時頃までいて、それから電車の始発までカラオケBOXで過ごしました。



歌舞伎町 ゲイnight ①(36歳記)

繁忙期に入り、仕事がまた忙しくなり始めました。
いつものように残業をしていると、Yくんがフロアに降りてきました。


Yくん「今日、仕事が終わり次第、新宿に行くんだけど、行かない?●●さん落ち込んでるみたいだし、パーっと遊ぼうよ」


わたし「この時期に仕事帰りに遊ぶってすごいよね、若いね、さすが」
Yくん「こういう時だからこそ、遊ばなきゃ、それに金曜日だしね」


仕事は山のようにあるし、エンドレス。確かに時間は自分で作らないとキリがない。


Yくんに遅れて、後ほど新宿で待ち合わせることにしました。


もう10時半すぎてるけど、完全に朝までコースだよね。。。
次の日のことを考えるとゾッとしながらYくんを待ちました。


笑顔でYくんがやってきました。「一緒に行きたいところがあるから」
そういって、Yくんに連れらたところは歌舞伎町の、あるゲイバー。確かに一度行ってみたいとYくんに話したことあるけど、まさか本当に来るとは。初体験!


ビルの5階のフロアにひっそりとあるバー。中は少し薄暗くて、カウンターにママと呼ばれる小太りの中年(元)男性が接客をしていました。ママはおしゃべりで、陽気に自分たちを迎えてくれました。カウンターに座ると軽く自己紹介をしました。


ママ「あら、いやだ、あなたストレートなの、つまらない」
そう笑われました。「つまらない人生ね(笑)」、と。そして、Yくんは、ゲイ(?)バイ(?)的な紹介をしていました。そして、ママに「ハンサムね〜」と絡まれていました。


ママが言うには、店内は全員ゲイかバイかレズ。自分一人がマイノリティーという初めての経験をしました。


確かに、見渡すと男性カップル、女性カップルばかり。
男性カップルはイケメン同士が多い。。芸能人レベルのかっこよさ。。


つい隣に座った超イケメンカップルに、「もったいない、すごくハンサムなのに」という言葉が出てしまいました。こんなにハンサムなら女性にモテモテだろうに、という思いで。
女性にモテてもなんの意味もないから、そもそも褒めの言葉でもなんでもない、と笑われ、はっとしました。 
ついつい、自分中心の考えの言動で、軽率だったと反省しました。


しかし彼らはみんなとってもフレンドリーで、バーにいる誰もが気軽に話しかけてくれました。なんて素敵な世界。特殊な世界だけに、みんな結束が強いんだろうな、と感じました。


かなりお酒も入った頃、Yくんに、マイケルのことを話しました。










帰り道 (36歳記)

マンションから最寄駅に向かうと、先ほどパーティで出会ったスウェーデン人のトーマスがいました。同じ路線だったので、途中まで一緒に帰ることになりました。


わたし「パーティどうでした?楽しめました?」
トーマス「そうですね、でも実はあまり人が多いところは、そんなに得意ではないんです」
わたし「わたしも、ちょっと圧倒されて」


確かに、他の外国人と比べてトーマスは少し落ち着いた雰囲気がある。でも見た目から若いんだろうな、と思っていたら、
トーマス「いや、もう28歳で若くないですよ」と言いました。28歳!十分若い。
もうすぐ37歳です、とは言えず、そのまま流しました。


来日してからまだ半年なのに、日本語も流暢でした。来日する前にかなり勉強したらしい。マイケルやイアンと同じ空手道場に時々通っていて、日本文化に興味があるようでした。


わたし「空手道場、私も一度見学したんですよ、会わなかったですね」
トーマス「そうですか、たまたま、いなかったんでしょうね」


そして、思い切ってきいてみました。


わたし「マイケルって彼女はいないんですかね」


トーマス「さあ、いないと思いますよ。いたらgirlfriendとして紹介するでしょうし」


彼女はいない。でも自分も(もちろん)含まれていない。そりゃそうだ。


「実はマイケルに興味がある」、とトーマスにバラしているようなもんだ。まぁいいや、別にこの人には関係ないし。


たわいもない話をして、お別れしました。