アラフォー婚活~回想録ブログ~

いままで結婚を考えたことがなかった自分が35才をすぎて婚活を決意。結婚にいたるのか、一生独身なのか、結果がでるまでの回想録のブログです。

国際結婚?! 婚活ブログ最終 (37歳記)

数ヶ月がすぎたころ、トーマスに”僕とスウェーデンに来て欲しい”、と言われました。


スウェーデンの小さな教会で結婚式を挙げることに。Yくんもドイツからかけつけてくれました。


ギリ37歳の歳。


お互いの両親、家族も暖かく自分たちを迎え入れてくれました。


そして、スウェーデンに移住した私たち。トーマスはIT企業に就職し、自分は日本語教師として働くことになりました。


振り返ると、婚活を始めたのが35歳。


何度か挫折して、結局、婚活は断念。自分に婚活はむいていないと悟りました。


しかしながら、もし婚活をしていなければ、トーマスと出会うきっかけになったパーティにも行くことはなかった。


そう考えると、やはり婚活してよかったと思えるかな。。。長い道のりだったけど。


婚活を通してさまざまな人と出会い、自分を見つめなおすことができたこの期間。


現在も進行形で心療内科に通いながら、過呼吸やパニックとはうまく付き合いながら生きています。薬も飲んでいます。


しかし、パートナーにサポートされているという安心感がなによりの薬です。


今、幸せですがこの先何があるかはわかりません。


でも、この人(トーマス)となら苦労を乗り越えていこう、という気持ちがあるので、何も恐れることはありません。


自分は自立している女性だと思っていたけど、婚活をしてみて、実は、思っていた程強くなく、いつも不安で、どうしようもない夜を迎えたりしていた。


一生一人かもしれない恐怖と戦うーこの婚活中の気持ちは味わったことがない人にはわからないかもしれません。むしろ独身の方が幸せという人も世の中にはいます。


そんな恐怖と今も闘っている人達に、心から健闘をお祈りします。


長い間、ブログにお付き合いいただき、ありがとうございました。


気が向いたら、国際結婚ブログにいつか参加するかもしれません。。


ではまた!


※メッセージをくださった方々、感謝しています。全て読ませてもらっていました。








新しい暮らし (37歳記)

結局、玉木さんからは、こちらがお断りする前に、お断りをされた。


理由をはっきりと言われなかったので、「心療内科に通っている」という告白をしたことがひかれたのか。。。と考え、それなりにショックで傷ついたが、あまり深く考えないことにした。


それよりも、トーマスの優しさに癒されていた。


結婚の話がなくなったことも両親に伝えたが、むしろ「なんだか安心した」「あまり幸せそうに見えなかった」と言われ、ほっとした。


トーマスは薬のことも、体調のことも、全て知っているので、何も隠すことはなかった。


ほどなくトーマスのアパートで一緒に暮らし始めた。


何もかもが新鮮で、幸せだった。


毎日が新しいことの発見で、どんどんトーマスに惹かれていった。


トーマスの「僕が守る」といった言葉が真実のように思えてきた。


この先結婚につながるかどうか、そんなことは、どうでもよかった。


そんな不安を感じる暇もないほど一緒に楽しい時間をすごした。











Dear トーマス④ 告白続き (37歳記)

わたし「そんなこと言うって惑わすのはやめて。トーマスは何もわかってないんだよ」


トーマス「。。。。?」


わたし「あなたはまだ若いし、これから未来もある。それに日本にはバケーションできているから、現実的にものを考えることが出来てないんだよ。」


。。。。。悲しいかな、かみつくように話しかけていました。


わたし「これから、日本にいるかどうかもわからない人と、どうして未来を考えることができるの、そんな一瞬の楽しいお付き合いなんて、もう絶対に嫌だし」


トーマス「僕は、本気だよ。僕と一緒にこれから未来を考えていけばいいじゃない」


わたし「周りだって。。。トーマスの家族だって悲しむよ、こんなわたしが相手では」


トーマス「周りがどう思うかなんて、それは彼ら自身の問題であって、僕たち二人の問題ではないよ。」


トーマス「大丈夫。心配しないで。お互いの気持ちが大切だよ。僕が守るから」




トーマスのそんな言葉は。。。



本気なのかもしれない。


だけど、そんな気持ちはいつまで続くの、、、


若くもない自分は、それが不確かであることも十分承知している。


だから、彼のことばを半分だけ信じてみることにした。



この後、みんなと合流し、無事島を一緒に出て帰路についた。