アラフォー婚活~回想録ブログ~

いままで結婚を考えたことがなかった自分が35才をすぎて婚活を決意。結婚にいたるのか、一生独身なのか、結果がでるまでの回想録のブログです。

玉木さんのご両親と⑪ (37歳記)

玉木さんのご両親と日曜日に会うことになりました。


新調した明るめのワンピースを着て、都内で玉木さんと待ち合わせ、地下鉄で玉木さんのご両親の家に行きました。


玉木さんも少し緊張している様子でした。


玉木さん「こんな風に紹介するのってちょっと緊張するね」と苦笑い。


電車の中でこんな会話をしながら、心の中は、


正式にお付き合いをして欲しいと言われていないのに、こんな風に、先にご両親に会うのって正しい順番なのかな?よくわからないけど、今更引き下がれないし。。


きっといろいろと質問攻めにあうのだろうな。。


年齢の事とか気にされるかな・・? 玉木さんより2つも年上だし。。


少し気が重くなりながら、すぐに実家の最寄り駅につきました。


そこから歩くと、閑静な住宅街の一軒家。(都内で一軒家はすごい!)ベルを鳴らす時には、ドキドキして呼吸が乱れ、過呼吸で倒れそうになりました。


玉木さん「大丈夫?また顔色が悪いけど」


わたし「あ、大丈夫です。気にしないでください。」


ドアから、にこやかに玉木さんの母親が出てきました。


母「いらっしゃい」


そう迎えられて、居間にとおされました。



結婚詐欺、友人の話 (番外編)

同じく婚活をしていたMちゃんの話。


ちょうど彼女も37歳独身。


あまり男性とお付き合いした経験がなく、大学を卒業後、中国地方の実家に戻り、ご両親が経営している会社の事務を手伝っていた。


出会いが全くないので、知り合いのおばあさんがやっている個人経営のお見合いを利用し、そこで40代の男性と知り合い、数回会ったという。


Mちゃんいわく、とっても楽しい人で魅力的な男性、でも


●いつも必ず平日の夜しか会ってくれない。8時前にはさよならする。


●土日祝日は絶対に会わせてくれない。用事が入っているという


●彼の家に行かせてもらえない。(どこに住んでいるのか、はっきり教えてもらえない)


●体の関係はない、触れられることもない  


●結婚をほのめかす言葉をいう


ここまでで、十分あやしいと思うのだが、Mちゃんは「誠実でシャイな人」というのだ。


確かにそういう場合もあるかもしれない。でも自分にとって、その彼は実は既婚者なんじゃないかとさえ思えた。でもお見合いを通して紹介されているのに、さすがにそれはないとして、、、実は彼女がいるのでは??


中小企業の経営者の娘であるMちゃんなので、もし、彼にお金の話をされたら、要注意人物じゃないか、とそれとなく伝えておいた。


そして、ある日、Mちゃんが電話してきた。


M「彼が会社で大失敗をして、その責任をかぶらないといけなくなって。今すぐお金が必要で、1000万円必要らしいの」という。


「やっぱり!これは詐欺によくある、典型的な手口だ」、と瞬時に感じたが、Mちゃんは、「私がお金を貸そうか、といっても、『いいや、自分で何とかする』、って彼は言って。かわいそうで」と。


絶対にお金を払ってはダメだよ、明らかに詐欺だよ!と念を押したが、彼女は結局、数百万円の現金を渡してしまった。


そして、数日後その彼は知らない女性を助手席に乗せているのをMちゃんにみられるのだが、彼はしらばっくれていた。


そんなよくある詐欺の手口にMちゃんは、まんまと引っ掛かり、そしてその男性はどこかへ消えた。


それでも、、、


Mちゃんは、「あんな、素敵な人は今までいなかった」と言って、詐欺だと思っていない。。。。というか認めたくないのかな、、


むしろ、彼は会社への責任をとってお金を払った、正義感の強い人、と強く信じているのだ。。。


どうしてそう思うのか、友達として腹立たしい気持ちだったが、Mちゃんにとって、数回のデートで優しくされたのが、よほど心に響いたみたい。。「もし僕たちが結婚したら、、」という彼が囁く言葉にうっとりしていたのかもしれない。


30代後半になると、心の隙間をついて、お金目的の男性が寄ってくるケースもあるので、本当に注意しないと!!


と、かなりショックを受けました。


Mちゃんに幸あれ!













孤独な夜 (37歳記)

帰り際、Yくんから、


「え、トーマスと付き合っていないの?なんで?楽しいし、すごくいい人だと思うよ。●●さんとも気が合ってるし、彼は、絶対いいと思う。」


とこっそり言われ、


わたし「いや、私、婚活してるからさ。彼はいい人だけど、結婚は無理だからね」


そう言うと


Yくんは 「。。そっか。頑張って」


とだけ言いました。


それぞれにハグをして、お別れをし、二人が帰った後、アパ―トで一人になり、急に寂しさが込み上げてきました。


久しぶりに再会したYくんが、もうすぐドイツへ行ってしまうからなのか、



優しいトーマスが帰ってしまったからなのか、



よくわからないけど、なぜか胸が痛い。



なんだか強烈に孤独を感じました。



すごく楽しかったからか余計に?



こんな寂しさは (玉木さんとかと)結婚したら解決するのだろうか??



眠れない夜。