アラフォー婚活~回想録ブログ~

いままで結婚を考えたことがなかった自分が35才をすぎて婚活を決意。結婚にいたるのか、一生独身なのか、結果がでるまでの回想録のブログです。





久々の婚活パーティ① (36歳記)

1週間、Yくんからの連絡がなく、せつなさ不安でいっぱいでした。


そして、2週間目は、まだYくんからの連絡を待っていましたが、結局全くメールもなく、ほぼ、諦めの気持ちになっていました。


あれはなんだったのか、という気持ちと、やっぱりただの気まぐれか、という気持ちで複雑でした。


期待することをやめ、吹っ切るためにも婚活パーティに参加することにしました。


某ホテルの会場で行われたパーティは30代限定で、女性、男性15名ほどずつで、回転式に男性が席を変わっていくというパーティでした。今までの自分らしくなく、男性に好まれそうなワンピースを着て、プロフィールには、料理が得意など、女性らしいことを書いてみました。


隣に座っている女性がとても行儀が悪く、肘をついたり、足を開いていたり、下品な男性と下ネタで大声で笑いながら盛り上がっていて、とても不愉快でした。
こんな女性いるんだ、それも婚活パーティで、と正直驚きました。


人のふり見て我がふりを、ということで気を取り直し、パーティに集中しようと努力しました。
しかし、フリータイムには、あの下品な女性に、男性たちが数人群がっていました。


観察していると、群がっている男性たちと、やはり下ネタで盛り上がっていました。
居酒屋でもあるまいし、初対面の人としかも婚活の場で、すごいなぁ。

でも、まあ、気が合う者同士なら、ノリがよくて楽しいんだろうな。。


本人たちが楽しいなら、きっとそれが一番。


ある意味うらやましい。。。自分には無理だけど。。。。


Yくんのことをふと思い出しては、胸が痛くなりましたが、もう可能性のない、若い人のことを考えるのはやめようと自分に言い聞かせていました。


フリータイムで自分のところに来てくれたのは男性二人でした。

一人は、年下32歳で専門学校卒。建築業。(自分でログハウスを建てたということで、その話で盛り上がりました。少し興味が持てました)


もう一人は、38歳で普通のサラリーマン。顔も話も特に特徴がありませんでした。
そして特別な理由がないのに、両親と同居中で、独り暮らしの経験が一度もないというのが少し気になりました。