アラフォー婚活~回想録ブログ~

いままで結婚を考えたことがなかった自分が35才をすぎて婚活を決意。結婚にいたるのか、一生独身なのか、結果がでるまでの回想録のブログです。





着信メッセージ (36歳記)

日本に帰国して数日後、ソムからメールが届きました。


ソム「ごめんなさい、悪いことしました。でも好きです、●●さん。」と。


好きって。。何人の女性に好きって言ってるんだろう、やっぱり文化(?)が違いすぎる。。
タイってそんな国? 旅行で行くだけでは知りえないことを経験した、そう思っていました。


しかし、男友達Kに話したところ、笑われました。


K「タイといえば、そういう話、有名だろ」そうなの?


わたし「でも彼は元同僚で、何年か一緒に働いてたし、まじめな人だと思ってた。それに敬虔なクリスチャンだから、まさかそんなことになると思わなかった」


K「クリスチャンかどうかなんて関係ないわ。それマジで言ってる?」


ええ、本気で思ってましたけど。。。


K「まぁ、愛人でもよかったかもしれないけどな、そいつを好きなら」と、からかわれました。


なぜかKに言うとスッキリする。いつも笑われて終わりなのに。



そして、Yくんからも、ラインでメッセージが送られてきました。


シンガポールの景色や食べ物の写真。


そうか、今、シンガポールにいるんだ。


「今から晩御飯です!」 と、Yくんの無邪気な笑顔も一緒に。。


さわやかな笑顔を見てしまい、せつなくなりました。



再びメッセージがくるようになり、
うれしいようで、悲しいような微妙な気持ちになりました。












バンコク5 さようなら、ソム(36歳記)

次の日、ソムが仕事に行っている間に、置手紙を書いて、荷物と共にこっそり豪邸をでました。お世話になったお礼と、愛人(?)お断りの意を丁寧に書きました。


メイドと話したところ、ソムには第2夫人or愛人もいるようでした。(やはり!)
しかもタイでは、結構よくある話ということも初めて知りました。メイドも、「なぜ自分から泊まりにきておいて、急に帰るのか?」というようなことを言っていました。(愛人としてきていると思われてたのか!)


メイドは、「ソムさんいい人、ソムさんかわいそう」というようなことを、片言の英語でずっと言っていました。


価値観(文化?)が違いすぎる。。


一瞬でもプロポーズと勘違いし、テンションがあがり、、、そして、現実に引き戻されました。


あぁ、結婚までの道のりは遠いなぁ。。。どこまで続くのか。。。


残りの二日間は、急遽安宿を探し、一人でのんびり観光をしました。



帰りの飛行機では、短い滞在で起こったことを思い出しながら、一瞬でもソムとのセレブ生活を想像した自分を笑ってしまいました。


そして同時に、友だちとしてのソムを失った悲しさも感じていました。
もう二度と会うことはないだろうな。。。


さようなら、でも、思い出をありがとう、ソム。



飛行機の窓から日本が見えるにつれ、少しずつYくんとの再会も考えだしていました。


あぁ、終わらないで!


36歳の夏。。




バンコク4 危険な夜(36歳記)

そういえば、ソムは、結婚して子供もいるようなこと、遠い昔、東京オフィスで聞いたような気がするけど?? まさか、まだ独身?


驚くことに、ソムは「そうだけど(既婚で子持ち)、それは君と僕には関係ないことでしょ」「これは、あなたと僕、二人の気持ちの問題」と耳を疑うようなことを言いだした。


家族は今バケーションというのは、彼の両親のことだと思っていたけど、妻と子供という意味の家族だったのか。。。


唖然としました。妻は今、子供とバケーション中で、バンコクにいないらしい。


ちょっと待って、一緒に住むって、いったいどういうこと?


愛人としてわたしを迎えるということ?
それとも第二夫人
タイではよくあること?
金持ちならありえるか?
ビザはどうなるわけ?
奥さんと子供と一緒に私もあの豪邸に住むってこと?
それともマンションを別に与えられるの?
そして日替わりに奥さんと。。。??


いやいや、、いやいやいや、


ーーーそれは。。。


自分には絶対無理


そうソムにはっきり伝えました。


豪邸に戻り、与えられたゲストルームに入ると、ベットに真っ赤なバラの花束が置いてありました。
そしてソムが部屋に入ってきて、一輪のバラを手にとり、再び、「愛しています」、と言いながら、強引に抱きついてきて、ベッドに押し倒されそうになりました。


だから、無理だって。愛人とか、、
いくら金持ちでも、ロマンチックにされても、子供と奥さんがいる人と。。。
一緒に住む? ないない。


断っても、ソムは「僕のこと好きでしょう?」と半ば強引にキスをしてきました。

怖いので、なんとかソムを部屋から追い出し、鍵をかけました。


。。しつこいなぁ。これはちょっとありえない。紳士だと思ってたのに。。


元同僚として、尊敬していたソムだけど、、、強引すぎる!


結局、彼もありえない人だということに、気づきました。(タイではこういう関係はアリなのかもしれないけど?)


そして、そんなこと考えもせず、ソムを信頼しきって、ホイホイついてきた自分も、ありえないと反省。10代じゃあるまいし。。。 恥ずかしい。


またまた暑い夜。


バンコク2日目。