アラフォー婚活~回想録ブログ~

いままで結婚を考えたことがなかった自分が35才をすぎて婚活を決意。結婚にいたるのか、一生独身なのか、結果がでるまでの回想録のブログです。

初めてのお見合い② (36歳記)

初めてのお見合いで、スーツ姿のお相手を目の前にし、極度に緊張しました。


今までの婚活パーティや、面会で会った人たちとは違い、本気度が違うと感じました。


堀田さん(47歳)は外科医でとても優しそうな雰囲気の方でした。知性溢れる方との会話はとても緊張しました。失礼がないように、普段より注意を払いながら、作法に気をつけ、言葉を選びながら話をしました。


初めは自己紹介から趣味の話など。彼の趣味はゴルフで、あまり接点がなく、会話は弾んだ訳ではありません。


堀田さんからすると、11歳年下の自分。色々と質問を投げかけて、話が途切れないように気を使われているのがわかりました。


ーーー人間的にとても良さそうな人だけど、自分とは全く対等になれなさそう。。


常に敬語で話す感じだし。。。。ちょっと息がつまりそう


こちらとしては、「自分には勿体ないくらいの方です」と、文字通りのお断りになりそう、そう思っていましたが、堀田さんは、なぜか自分を気に入ったようでした。


堀田さん「お仕事かなり、頑張られているようですね、●●さん、輝いていて、いいですね。そういう方、尊敬できますし、好きですよ」


特に仕事に対しての姿勢を高く評価してもらいました。まるで就職面接のよう。。


堀田さんは「いいね、●●さん」と笑顔でしたが、この方と手を繋いだり、キスなど、全く想像できませんでした。


極度に緊張していたため、一歩引いた、真面目で大人しい自分の部分しか出せませんでした。
その部分を勘違いされて、気に入られた気がする。。


とてもSNSで気軽に連絡とか、そういった関係にはなれなさそう。。。。


実は六本木のスピードデートに参加したとか言ったらどういう反応するだろうか。。。


31歳のマイケルという外国人と時々会ってます、 とか。


ゲイの男友達と泊まりあったりする仲です、とか。


想像すると、、、 


ドン引きだろうな。。。


とにかく、世界がちょっと違う。













初めてのお見合い① (36歳記)

36歳にして、初めてお見合いをすることに。


個人経営の結婚相談所が、入会を検討しますと言った瞬間に、2人の男性を紹介し、お見合いを強くすすめてきた。入会金がいらないので、とりあえずお見合いをした方がいいと。


その中の一人、大学病院にお勤めの医師と会うことになりました。


47歳でバツイチ。白髪でおでこの辺りの髪の毛はないけど、優しそうな雰囲気。中年太りの男性。


華さんに、こんな条件のいい人はいないから、と強くすすめられ、、、


お見合いの費用が5千円なら、一度飲みに行くのを我慢したと思えばいい。


しかしながら、お見合いの写真を撮ったり書類を作るため、結局、初めに数万円の費用がかかりました。(あれ?じゃあ入会金と同じじゃない?)


後日、都内の静かなホテルの一室で、その紹介所のスタッフ華さんがお見合いをセッティングしました。


男性は先に来られていたようでした。 


薄ピンクのワンピースを身にまとっている自分。


写真通りの、ぽっちゃりした、人の良さそうなおじさまが、スーツ姿で目の前に現れました。


華さんは、軽くお互いを紹介をした後、すぐに部屋を立ち去りました。


極度の緊張感で、手足が冷たくなっていました。






個人経営、結婚相談所 (36歳記)

大手の某結婚相談所は、毎月決まった人数がサイト上で紹介されるだけで、自分で行動をしないと何も始まらない。
今まで、あまりいい人が紹介されなかったこともあり、お見合いのお世話をしてくれそうな、個人経営の相談所に行ってみた。


少し小太りな50代くらいの女性華(ハナ)さんが、システムを紹介してくれた。


入会金はないが、お見合いをするたびに5千円かかり、婚約すると数万、結婚が成立すると数十万する。


良さそうな点は、自分に合いそうな相手をちゃんと選んでお見合いさせてもらえる。


悪い点は、お見合いするたびにお金がかかるので、気軽に会ってみるという感じにならなさそう。


自分の男性への希望を伝えると、


「まず、あなたの年齢では、お見合いはプラス5歳から10歳妥当」と言われ、年下はないとハッキリ言われた。


ということは、41歳から46歳が妥当。。 46歳とかちょっと衝撃。アラフィフってことか。。


マイケルは31歳なんだけど。。 


「中には、”私は年下ともお付き合いしてきた”、と言われる方もいらっしゃるけど、でも現実に、その年下のお相手と結婚されていないわけだからね」


ドキっとすることを言われた。


、、ちょっと検討します。と伝えると、


「いい?今日の自分が一番若いんだからね、考えている時間はないのよ」


という厳しい言葉。


華さん、結構ズバズバいう方でした。


もちろん正論なんですけど。